2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:06 Feb 29 2012

中国両会の議題、海外中国語メディアの注目は「汚職対策」

 2012年の「両会」(人民代表大会と政治協商会議)開催を目前に控え、中国新聞社は、海外中国語メディア代表者の両会に対する意見調査を実施した。両会に関する話題のうち、例年取り沙汰される「汚職対策」が最も注目を集める議題となった。中国新聞社が報じた。

 26日現在、同意見調査は15の国と地域の32社から回答を得た。米国の「僑報」、カナダの「世界華人週刊」、ニュージーランドの「中文先駆報」、スペインの欧華伝媒集団、日本の株式会社大富、マレーシアの「国際時報」、マカオの澳門月刊、台湾の「聯合報」や「旺報」等の代表者が調査に参加した。

 調査結果によると、経済、政治、社会、文化、中台関係、外交等の分野を含めた21議題のうち、最も注目を集めた上位5議題は以下の通り。

 1位 汚職対策

 2位 人民元レート、小型企業、マクロ調整政策

 3位 食品安全

 4位 不動産価格、就業、教育、医療等の国民生活に関わる問題

 5位 道徳、信用等の社会の心理面の問題

 特に注目されている汚職対策について、回答者の多くが独自の見解を述べた。米「神州時報」の鄭梅表社長は、「海外の華僑が最も望むのは、社会が安定し経済が繁栄する中国である。中国政府は政策を策定し実施する過程において、公開性と透明性を高め、汚職取り締まりを強化するべきだ」と述べた。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古