2012年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 Feb 27 2012

ユニクロ、衣料品日本一の秘訣

 1984年に設立されたファーストリテイリング(ユニクロ)は、衣料品業界の「若輩者」であった。だが20数年間の高度成長により、ユニクロは800店を超える店舗数により数々の老舗メーカーを打ち破り、日本衣料品小売業界のナンバーワンブランドとなった。ユニクロは今や、11の国と地域で拡大を続けている。2008年の世界的な金融危機の後、各有名ブランドが低迷する中、ユニクロは世界衣料品業界でその名を高めた。2009年、ユニクロは好調な販売により他社に大差をつけた。創業者の柳井正氏も日本を代表する富豪となった。羊城晩報が報じた。

 ユニクロはグローバル企業となり、日系企業の近年稀に見る成功を収めた。しかし70-80年代に、自動車、精密機械、メーター、電子製品等で大成功を収めた三菱やソニーと異なり、ファーストリテイリングは小売企業である。ユニクロは1つのファッションブランドに過ぎない。

 しかしファーストリテイリングを単なる衣料品小売企業と見るならば、「日本一の「実行力」部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術」の作者である田中雅子氏は同意しないだろう。日系企業において、管理職につく女性は非常に稀である。田中氏は慶応大学でMBAを取得し、破産の危機に瀕したファミリー企業の管理の経験を持つ。田中氏はユニクロに入社すると、財務部のマネージャーを務めた。また社内の各プロジェクトを立案し、女性人気商品の誕生を促した。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古