2012年2月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Feb 29 2012

今回の両会の焦点「三農問題」に期待

 2011年度の全国両会(人民代表大会と政治協商会議)では、「三農問題」(「農業、「農村」、「農民」に関する問題)が間違いなく代表委員の注目の焦点となった。おそらく、今年の両大会では「三農問題」は代表委員と両大会の重大議題で注目の重点項目だ。

 今年の両会は、以下のような「三農」に関連するポイントや問題が重要な議事日程に新規に、また継続的に挙がってくると考えられる。

 1、農民の所得増問題。今後数年間で徐々に都市との格差を解消し、本当の意味で農民の生存・生活のレベルを改善し、向上できるか、これは両大会の注目の焦点だ。今後の政策でもおそらく穀物価格の低価格現象を回避するために、政府は穀物買入価格の値上げを提示すると考えられる。流通経路の短縮化、もしくは流通の通行料調整や物流環境改善によって、これを解決するだろう。

 農民の所得増については、政策で農民の生産力や科学的な要素を向上させることに傾注して、農民に農産品の取引環境拡大を約束することになると思われる。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古