2012年3月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Mar 01 2012

中国で映画割引禁止令、ネットユーザーが猛反発 (2)

 某メディアは、「アメリカ映画協会の最新統計によると、2011年第3四半期の米国の平均チケット価格が過去最低の7.94元(約640円)まで下がり、中国の平均チケット定価の60元(約750円)を下回った」と報じた。米国の一般人の月給を3000ドル(約24万円)とすると、1回の映画鑑賞にかかる費用は収入の0.2%を占める計算になる。中国ならば、仮に月給が3000元(約3万7500円)に達するとしても、60元のチケット価格は収入全体の2.0%を占めることになる。つまり中国の映画チケット価格は、米国の10倍に相当するわけだ。

 一般的な映画チケット価格はいくらが適当か。新浪ウェイボー(中国版ツイッター)が行った調査結果によると、調査参加者(1万1276人)の65.0%は30元(約375円)以下、30.0%は30−60元(約375−750円)、3.0%は60−80元(約750−1000円)、2.0%は80元(約1000円)以上と回答した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月1日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古