2012年3月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:10 Mar 02 2012

パワーある女性実業家番付 中国から21人

徳新集団の何超瓊・董事総経理兼執行董事。

 米経済誌「フォーブス」はこのほど、アジアのパワーある女性実業家50人のランキングを発表した。中国からは21人がランク入りし、うち6人は香港の実業家だった。信徳集団の何超瓊・董事総経理兼執行董事(取締役社長兼執行取締役)や香港上海銀行アジア太平洋エリアの史美倫副主席(行政会議メンバー)らがランク入りした。香港紙「文匯報」が伝えた。

 ランク入りした女性実業家はオーストラリア、インド、日本、韓国などに分布し、中国大陸部からは12人が選ばれ、台湾、香港、澳門(マカオ)を合わせた中国全体では21人が選ばれた。選出された女性の中には企業の創業者もいれば、家族から受け継いだ事業をさらに発展させた人もおり、企業の総裁やマネージャーもいる。

 フォーブスによると、今回は主に企業に利益をもたらす活躍をした女性実業家を選出し、社会的な活動や慈善事業で影響力を発揮した有名女性実業家は選ばれなかったという。ランク入りした実業家が所属する企業は年商が1億ドルを超えるところがほとんどだ。

 フォーブスは今回、注目の女性実業家15人も同時に発表した。その多くは新顔の有力な実業家だ。

 フォーブスはこの15人を、新しいことを始める勇気をもち、伝統的な商業モデルを打破し、力強く成長する新たな市場を創造したと高く評価する。

 この15人には、SOHO中国の張欣総裁や玖竜紙業の張茵主席をはじめとする5人の大陸部女性実業家と、香港の上場企業・華光海運の趙式明副主席兼首席財務官(最高財務責任者、CFO)、南華早報SCMP集団の郭恵光・董事総経理兼行政総裁、新世界酒店集団の鄭志ブンを含む3人の香港女性実業家が含まれている。(編集KS)

 *ブン:「雨冠」に「文」

 「人民網日本語版」2012年3月2日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古