2012年3月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:04 Mar 06 2012

中国初の大型旅客機、年内に組み立て完了か

 全国政治協商会議委員、中国商用飛機有限責任公司(以下「中国商飛公司」)副総経理、大型旅客機プロジェクトチーフエンジニアの呉光輝氏は4日、「中国産大型旅客機C919の研究は、計画通り着実に実施されている。年末に組み立てを完了し、2014年に初フライトを実現する見通しだ」と表明した。5日付新華網が報じた。

 呉氏は、「中国商飛公司は昨年、C919の初歩設計業務を完了し、かつ国家級の審査を通過した。今年はより詳細な設計段階に入っている」と続けた。計画に基づくと、今年中に設計を完了し、年末に組み立てを完了することになる。C919の初めての部品が、昨年12月に成都市で生産された。今年は詳細な設計・製造・実験段階に入る。

 C919に使用されるエンジンについて、呉氏は「第一段階では現在世界で最も先進的なLEAP-X1Cを使用する。同エンジンは、ボーイングやエアバスが使用する主要エンジンだ。同エンジンは燃費を13−15%削減し、汚染物質の排出を50%削減する。また騒音低減を実現する。直接使用コストは現役の同類旅客機の10%減となる。同エンジンは米ゼネラル・エレクトリックと仏サフランの共同開発により製造された」と語った。

 「C919に特化した中国産エンジンが上海市で認証取得中だ。同エンジン名は『長江1000』となる。将来的に中国の大型旅客機には2種類のエンジンが提供されることになり、中国の主柱となるだろう」

 C919は中国が独自で研究開発中の、150座席を持つナローボディ機だ。2011年末にはプロジェクト申請、実現可能性の審査、発展の予測の3段階に別れた業務を完了し、2011年12月9日に国家級の初歩的な設計審査を通過し、全面的に発展段階に入った。

 現在、同機の受注は235機に達している。その大半は中国国内の需要であるが、米国および東南アジア諸国からの受注もある。

 呉氏は、「C919プロジェクトは今年も推進を続け、3Dデジタル模型の設計を完成させ、生産に必要とされる全データを提供する。風洞、構造強度、部品適合性、フライトコントロール、液圧、着陸装置、アビオニクス等、主な総合検査(70種)を実施する。また重要技術(16種)の開発を完了し、新たな重要技術(18種)の開発に取り組む」と紹介した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月6日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古