2012年3月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:52 Mar 06 2012

トヨタ自動車、中国でハイブリッド戦略を展開

 2011年に世界市場で低迷したトヨタ自動車は今年、中国を突破口とする構えだ。同社は将来的に、最高の技術水準を誇る新エネルギー技術を中国市場に導入し、かつ中国で新エネルギー車の普及を推進する。中国における新エネルギー車の製品ラインナップに期待がかかる。5日付で中国新聞網が報じた。

 トヨタ(中国)の董長征・執行副総経理は、「当社はこのほど、『雲動計画』をスタートさせた。中国現地法人が初実施する自主戦略の他に、中国で新エネルギー戦略を展開する」と述べた。トヨタが中国で新エネルギー技術に関する戦略を発表するのは、これが初となる。同社は中国で将来的に、プラグインハイブリッドカーと電気自動車の普及に取り組むが、手始めにハイブリッドカーの普及を推進する。

 業界関係者は、「ハイブリッドカーは、中国が新エネルギー車を発展させる上で、避けては通れぬ道である。ハイブリッド技術は新エネルギー時代を制する要となる。その他のマイクロハイブリッド技術と異なり、トヨタはエンジンとモーターという二つの動力源を持ち、パワーを大幅増した上で、燃費を大幅削減できる」と指摘した。

 中国市場では現在、ハイブリッド技術を原点とする新エネルギー車の競争が激化しようとしている。トヨタの背後にはフォルクスワーゲン、ホンダ、ゼネラル・モーターズが続き、また高級車メーカーのアウディとBMWも、ハイブリッド技術を搭載した新車種を今年発売する予定だ。中国メーカーの長安、奇瑞、比亜迪等もハイブリッドカーの製造に乗り出している。

 董・執行副総経理は、「当社の中国におけるハイブリッド戦略のうち、常熟研究開発センターが同技術のローカル化の重責を担う。またバッテリーやモーター等の動力重要部品の国産化開発を推進し、ハイブリッドカーの早期国産化を目指す」と目標を語った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月6日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古