2012年3月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Mar 08 2012

北京市、女性の不動産購入者が増加

 女性の社会的地位の向上および経済面の独立に伴い、北京の不動産購入者の男女比に変化が生じた。大手不動産会社「鏈家地産」が昨日発表した研究報告書によると、北京の女性が個人で不動産を購入する比率が、2007年の45%から47%に上昇した。男女共有の不動産の比率も、2007年の1.3%から8.9%に上昇した。ゆえに女性が所有する不動産の比率が、55%を超えたことになる。北京日報が報じた。

 アジアのその他の地域と比べ、北京の女性が個人で不動産を購入する比率は非常に高く、台湾の56.8%に次ぐ2位につけ、上海の42%を上回った。

 不動産価格の高騰に伴い、新婚の住居は本来ならば男性側が購入するものであったが、現在は男女共同購入、ローンの共同負担が増加しており、男女共有の比率が高まっている。また婚姻法の新解釈による影響を受け、昨年は不動産の所有権証明書の書き換えが相次ぎ、女性自身の権利を守ろうとする動きがあった。

 ◆2007-2012年現在までの、不動産購入者の男女比

     男性   女性   共有

2007年 53.7%  45%   1.3%

2008年 50.8%  46%   3.2%

2009年 48.3%  45.7%  6%

2010年 45.9%  46%   8.1%

2011年  48%  43.3%   8.7%

2012年 44.1%  47%   8.9%

 「人民網日本語版」2012年3月8日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古