2012年3月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:35 Mar 08 2012

日本が赤字国に、貿易立国に終止符か

 世界的な需要低迷、進行する円高、東日本大震災等の影響を受け、日本の「貿易立国」という発展方針は現在、かつてない危機に直面している。財務省のデータによると、日本の2011年の貿易赤字は2兆4900億円に達した。日本の貿易赤字は1980年以降で初となった。2011年の経常黒字は43.9%減で、1985年以降で最大の下げ幅となった。国際商報が報じた。

 日本政府は貿易赤字は短期的には徐々に縮小する見通しとしているが、実際にはそうではない。世界経済の低迷と国内経済の長期的な低迷を受け、31年ぶりの赤字計上は、日本が経常赤字国となる可能性が高まりつつあることを示している。日本の「貿易立国」、「製造立国」の発展方針も、新たな局面を迎えている。

 経済発展方針に存在する構造的な問題を改善しない場合、日本が2015年に経常赤字国となり、GDPが5兆4000億円減少するという予測がある。それのみならず、預金残高の減少や金利上昇もまた、日本財政の不確定性とインフレのリスクを高める。日本が赤字国となれば、債務危機が発生する可能性も否定できない。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月8日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古