2012年3月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:56 Mar 09 2012

日系企業、武漢市への進出を加速

 東日本大震災1周年を控え、武漢市の外資誘致担当者は、「この1年間、日系企業の産業移転ペースが加速されている。武漢は商機をつかみ、工業倍増計画を推進し、機械製造、ソフト開発アウトソーシング、省エネ・環境保護、建機の4大業界で、日系企業の進出を迎える」と語った。長江日報が報じた。

 日系企業は2011年、前年比205.6%増の約5億ドル(約400億円)を武漢に投資した。現在222社の日系企業が武漢に設立されており、投資総額が64億ドル(約5120億円)以上に達している。武漢にとって、日本は最大の貿易・投資国である。

 日系企業の進出は今年も続いている。三菱商事は先月、武漢に華中初の子会社を設立した。同社はわずか9ヶ月間で、市場調査、戦略決定、子会社設立を完了し、武漢に設立された外国企業の中で最速記録を樹立した。漢南区は昨年、広東省沿海部から移転された自動車部品プロジェクト8件(ほとんどが日本からの産業移転)を誘致した。

 東湖ハイテク区誘致局の王意舒副局長は、「機械製造、特に自動車製造は日本の得意分野だ。世界最大の自動車部品製造拠点が、日本の被災地に位置する」と語った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古