2012年3月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:08 Mar 15 2012

吉野家「問題ある原料は中国で販売していない」

 国家質量監督検験検疫総局(質検総局)のサイトはこのほど、日系の牛丼チェーン・吉野家を含む企業の食品・化粧品の輸入277回分について、品質検査に不合格だったため返品や廃棄などの処分を行ったと発表した。これを受けて吉野家は即日声明を発表し、問題があるとされた製品は国内市場で販売していないことを明らかにした。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 吉野家の声明によると、同社がフィリピンから2回にわたって輸入したマンゴーソースは、2011年8月と同10月に天津港に到着し、ケーキ類製品の原料となるものだ。同社は昨年、一部の原料で二酸化硫黄の含有量が基準値を上回った際、この原料を店で使用しなかったという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年3月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古