2012年3月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Mar 19 2012

日本OLのハンドバッグの中身に変化

 東日本大震災から1年が経ったが、余震が止まらない。破壊的な大地震が日本人の生活感や価値観を大きく変えている。

 朝日新聞社は先ごろ、数千人のOLを対象に「常に持ち歩く防災グッズ」について調査を行った。大地震によって、OLの必須アイテムがまた増えたことが明らかになった。

 アンケート調査では「懐中電灯、LED電灯」、「警報器、ホイッスル」等8種類を提示、最も多かった携帯物は「懐中電灯、LED電灯」で、「携帯充電器、予備電池」、「防災食品、飲料水」が続き、すべて20%以上だった。それ以外では「歩きやすい厚底の靴」、「常備薬」などがあった。

 また比較的多かったものとして「テレフォンカード」、「コンタクトレンズ」、「マスク」、「十徳ナイフ」、「地図」などがあった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年3月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古