2012年3月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Mar 19 2012

中国製大型旅客機、235機を受注

 中国製大型旅客機「C919」の呉光輝チーフエンジニアはこのほど、「同機の開発は予定通りかつ着実に進められており、2012年に組み立てを完了し、2014年に初フライトを実現し、2016年に試験飛行および許可証の取得を完了し、販売を開始する。同機は、世界民間航空市場で一定の競争力を持つ、中短距離ビジネス輸送機となる」と述べた。人民日報海外版が報じた。

 中国商用飛機有限責任公司の金壮龍董事長は、「C919は試験飛行を開始していないが、受注数が計235機に達している。受注の状況から見ると、航空大手3社の中国国際航空公司、中国南方航空公司、中国東方航空公司が、中国国内で最大の顧客となる」と語った。

 C919は国際市場でも注目を集めており、米GECASおよびシンガポールのBOCアビエーションを含めた世界の取引先が、同機発注の意向を示している。中国商用飛機有限責任公司とBOCアビエーション(本社はシンガポール)は2月14日午前、シンガポール航空ショーの会場内で、C919(20機)の契約式を執り行った。BOCアビエーションは、同機の11社目の顧客となった。

 燃費向上および温室効果ガス排出削減に向け、中国商用飛機有限責任公司はボーイングと3月6日、省エネ・排出削減技術センター設立の提携合意書を締結した。これは中国・米国の2大航空機製造国が、民間航空分野で競争と提携の関係を結んだことを意味する。

 米CNNは、「ボーイングとエアバスは現在、中国および世界航空市場で圧倒的なシェアを占めている。しかし中国製のC919が強力なライバルとなり、今後の民間航空市場が三つ巴の様相を呈する可能性が浮上した」と報じた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年3月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古