2012年3月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:52 Mar 19 2012

外国人経済学者、中国・世界の経済発展について議論

青島港

 中国国務院発展研究センターが主催した「中国発展フォーラム2012」年会の席上で、国内外の著名経済学者および政府官僚が中国経済の先行きを占い、持続的発展の方向性について検討した。人民日報海外版が報じた。

 ◆IMF専務理事「中国がより重要な役割を果たす」

 IMF(国際通貨基金)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は、次のように指摘した。

 現在、世界経済発展の先行きが依然として不透明であることから、中国の世界経済発展に対する役割がさらに重要になってくる。中国は世界的な政策決定において引き続き重要な役割を果たし、自国経済のモデルチェンジに引き続き取り組むべきだ。

 中国は経済成長を継続支援し、経済成長の原動力を投資・輸出から内需による牽引に変化させ、一般国民の生活水準を向上させ、全国民が高度経済成長の持続による恩恵を受けるようにすべきだ。幸いこれらの目標は中央政府の支持を得ており、第12次5カ年計画の概要にも示されている。

 この30年間、中国の経済成長は常に全世界の注目を集めており、中国が経済成長記録を毎年更新するたびに世界を驚かせている。中国は3億7000万人の就業機会を創出し、5億人を貧困から救った。世界的な経済危機の際に、中国はG20の中で、率先して経済刺激政策を打ち出した。中国が経済成長と安定に向け提供した原動力がなければ、世界経済の情勢はさらに悪化していただろう。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古