2012年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Mar 20 2012

商務相:中国、数年後に輸入世界一に

 中国が世界におけるバランスを無視し、世界最大の貿易大国・輸出大国となっているとする西側諸国の批判に対して、中国商務部の陳?銘部長は、18日に北京で開催された「中国発展フォーラム2012」で、「世界人口の19%以上を占める中国が現在、世界第2の輸出国となっており、数年後には世界最大の輸出国となる見通しだ」とコメントした。
 
 陳部長のコメントの要旨は以下の通り。

 西洋諸国の政治家は「中国が世界におけるバランスを無視し、世界最大の貿易大国、輸出大国となっている」と批判している。しかし、実際には中国は、世界第2位の輸入大国でもあり、数年以内にはトップに躍り出、世界最大の国内市場を誇るようになると見られている。中国は、世界に安くて品質の高い生活必需品を提供しているだけでなく、中国のショッピングセンターには世界各国の高級品、ひいてはぜいたく品が数多く並んでいる。もし、中国このような発展がなければ、世界の金融危機は今よりさらに深刻なものになっていただろう。

 中国の昨年の貿易総量は米国のそれとほぼ同じ量だった。その米国は世界貿易総量最大の国で、輸出総額は中国より900億ドル(約7兆4700億円)以上も多い。それでも、中国の貿易黒字が1500億ドル(約12兆4500億円)であるのに対し、米国は7372億ドル(約61兆1900億円)の貿易赤字となっており、この比率を基に計算すれば、中国の対美貿易黒字は米国の貿易赤字全体の4分の1から5分の1を占めるにすぎないことになる。

 また、中国の貿易黒字は過去数年の間に、2900億ドル(約24兆1千億円)から2800億ドル(約23兆3千億円)に少しずつ減少しており、米国を含む多くの国の対中輸出が大幅の増加を見せていることがわかる。また米国は、貿易黒字を含む国際総収支は国内総生産(GDP)の4%以下に抑えるべきとする、目安を提出しているが、中国はまさに約2%に抑えられている。一方の米国は約7400億ドルもの貿易赤字を算出しており、こちらのほうが改善すべき大きな問題と言えるのではないだろうか。米国は現在、2400以上の商品に輸出規制を敷いており、その規制が少しずつでも解かれることが望まれる。(編集KN)
  
 「人民網日本語版」2012年3月20日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古