2012年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 Mar 20 2012

京滬高速鉄道の追跡調査結果:4大問題が存在

 中国審計署が19日に発表した、「京滬高速鉄道建設プロジェクト2011年追跡調査結果」によると、物資調達、プロジェクト管理、環境保護、土地確保・立ち退き、資金の使用等の面に4大問題が存在し、規定に違反した資金の総額が約100億元(約1300億円)に達したことが明らかになった。

 中国審計署固定資産投資審計司の徐愛生司長は、京滬高速鉄道の4大問題について下記の通りまとめた。まず入札および物資調達の管理について、建設工事および一部物資の調達に関する入札が規範的でなかった。例えば京滬高速鉄道全線の建設工事入札は、関連法に基づく入札期間の規定を厳格に執行していなかった。また規定に違反した物資調達の入札額は、8億4900万元(約110億円)に達した。

 建設工事に関して、一部のプロジェクト管理に不備があった。例えば京滬高速鉄道は一部区間の防音壁の建設を取り消し、総額4億1300億元(約53億円)の物資が使用されなかった。

 環境保護および土地確保・立退きに関して、沿線の一部地方の下部組織が流用した土地確保・立退き資金は、4億9100万元(約63億円)に達した。例えば、南寧江寧経済技術開発区管理委員会は、2008年10月に虚偽の資料を用い、土地獲得補償金を1億4000万元(約18億円)だまし取った。

 建設資金の使用について、昨年5月末現在、京滬高速鉄道の関連建設業者は、656社の材料サプライヤーに対する支払いが滞っており、1471組の施工グループに対する給与未払いは総額82億5100万元(約1070億円)に達した。

 昨年6月末現在、建設距離が最長、投資総額が最多、基準が最高の同高速鉄道は全面竣工し、実際に完了した投資総額は1962億6600万元(約2兆5500億円)に達した。(編集YF)

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古