2012年3月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Mar 22 2012

中国人スターの出演料が高騰、25年前の50倍に

 近頃、中国の芸能人の出演料が高騰しており、社会からの注目を集めている。あるネットユーザーは、「近年、中国で高騰が最も激しいのは、不動産価格・金価格・原油価格ではなく、芸能人の出演料だ」と皮肉った。中国青年報が報じた。

 3月5日、第11期全国政治協商会議第4回会議の席上で、全国政治協商会議委員、有名映画監督の馮小寧氏は、中国の芸能界で近年になり芸能人の出演料が跳ね上がっていると指摘した。「芸能人、特に一流スターの出演料が跳ね上がっており、中国の映画・ドラマ制作の重い負担となっている」

 いったい芸能人の出演料はどれほど跳ね上がっているのだろうか。上海電影家協会の石川・副主席はミニブログで、「1987年版の『西遊記』は撮影に6年間を費やしたが、孫悟空を演じた六小齢童(芸名)に支払われた報酬は2000元のみだった。現在は、一流スターの出演料はドラマ1話当たり5−60万元(約650−780万円)に達し、数十話のドラマに出演すると1000万元(約1億3000万円)以上の収入を得ることになる。この価格は25年前の約5000倍に相当する」と述べた。

 北京麦特文化有限公司の陳砺志総裁はこのほどネット上で、「昨年の年初であれば、某女性芸能人の出演料はドラマ1話当たり2万元(約26万円)であったが、今年は30万元(約390万円)に達した。昨年であれば某男性芸能人の出演料はドラマ1話当たり15万元(約195万円)であったが、今年は50万元(約650万円)に達した。また某男性芸能人の出演料は、1話当たり70万元(約910万円)に達した。映画に至っては、80万元(約1040万円)であった出演料が300万元(約3900万円)に達し、1−2年前は120万元(約1560万円)であったのが600万元(約7800万円)に跳ね上がっている」とする文章を発表した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古