2012年3月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Mar 26 2012

出稼ぎ労働者の流れに変化のきざし

 このところ、メディアで一部沿海地域の企業の求人難が伝えられている。これまでは旧正月明けには、また里帰りしていた中西部の人たちがどっと沿海部に戻ってきていたが、最近はこの人たちの郷里である中西部の経済も徐々に発展をとげていることもあり、一部の人たちは、年老いた両親や幼い子供たちの面倒をみるため、あえてはるばる沿海部に職を求めることもあるまいと、収入、生計費支出を比較して、それほど差もないので、故郷に残る人が少しずつ増えている。沿海部の企業主たちは、福祉、給料の改善でこの人たちを引き付けておこうと頑張っているようだが、やはり、働き手を十分そろえることができず、困っているようだ。これは中国経済全体の発展によってもたらされた新しい動きであると見てよい。

 また、かつて沿海部に出稼ぎに行っていた人たちの中から、技術を身につけて故郷で起業している人も少しずつ現れている。沿海部の企業主の中には、いっそのこと中西部に工場を移した人たちもいる。専門家たちによると、こうした変化は当初から予想していたことらしい。つまり、中西部の経済の発展や都市化の漸進的発展により、中西部でも仕事が見つかるようになり、沿海部の企業は中西部にシフトするが、さらなるグレードアップによって、構造を改革することが求められることになろう、と当初から予測していたのである。

 今年の全国人民代表大会では、農村部への取り組みを強化することが打ち出され、すでに次々と措置が取られている。また、農村部の中等専門学校、職業技術学校の生徒への学費免除などもすすめられており、いまや新しいタイプの近代化農業技術を身につけた農業従事者を育成する段階に入ったのである。

 国務院では、全人代の政府活動報告で打ち出された諸措置を着実に実行に移すための分担も決められており、いよいよ新たなるグレードアップの段階に入ろうとしている。

 今年の春の農作業も始まっており、第12次五カ年計画の二年目の課題への取り組みが見て取れる。しかし、いいことずくめではないことも確かだ。例えば、石油、天然ガスの値上げで化学肥料も値上げを余儀なくされており、流通プロセスのカットなどで値上げ幅を押さえることも考えているが、しかし、究極的にはいくらかのコストアップは避けられないだろう。ディーゼル・オイル、電気料金などの値上げも不可避であろうし、そういうことで農産物、とくに食糧の価格の上昇も避けられないかも知れない。

 しかし、それは前進途上の困難としてあらかじめ織り込み済みのことであるし、上手な舵取りが求められる昨今である。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年3月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古