2012年3月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Mar 27 2012

中国の原油価格、7年間で倍以上に

 京華時報は、中国の石油大手3社(ペトロチャイナ(中石油)、シノペック(中石化)、中海油集団)の、昨年の業績を分析した。

 ◆石油大手3社が競合を激化

 中国石油企業協会と中国石油大学油気産業研究センターは3月26日、北京で「中国原油・天然ガス産業の発展分析・展望に関する調査報告書(2011−2012)」を発表した。同協会の彭元正秘書長は、「昨年、石油大手3社の純利益は計3327億元(約4兆3250億円)に達し、1日当たりの利益が9億1100万元(約118億4300万円)に達した」と述べた。

 石油大手3社のうち、最も巨額の利益を上げたのは、油田開発を主要業務とするペトロチャイナだ。彭秘書長は、「ペトロチャイナの2011年の売上高は、37.1%増の2兆3600億元(約30兆6800億円)に達し、純利益は5%増の1304億元(約1兆6950億円)に達し、1日当たり3億5700万元(約46億4000万円)の利益を上げた」と指摘した。小売りを主要業務とするシノペックは、売上高がトップの2兆5500万元(約33兆1500億円)を達成したが、純利益は1162億元(約1兆5100億円)と、ペトロチャイナを下回った。2社に大きく水をあけられた中海油集団は、売上高が4484億元(約5兆8290億円)、純利益が861億元(約1兆1190億円)に達した。

 石油大手3社が競合を激化させる中、ペトロチャイナは長年に渡り「アジアで最高の利益を挙げる企業」であり続けている。しかし同社はこのほど、年度報告書の上場企業の1日当たり純利益が4億元(約52億円)にとどまると発表したため、今年はこの称号とは無縁となりそうだ。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古