2012年3月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 Mar 28 2012

ソニー中国のトップが交代 現総裁は日本本社へ

平井一夫

 ソニー中国法人が27日明らかにしたところによると、今年の4月より、日本のソニーマーケティングの栗田伸樹代表取締役・執行役員社長がソニー(中国)有限公司の総裁に就任し、永田晴康・現総裁は日本の本社に復帰するという。「新京報」が伝えた。

 ソニー中国法人の関係者の話によると、このたびのトップ交代が中国におけるソニーの長期的戦略に影響を与えることはないという。

 永田総裁の任期中には、現地化された経営を一層深化させたことが大きな業績だ。たとえば永田総裁はソニーブランドの使用規定を改め、中国の三級・四級都市の市場で製品を普及させようとする時には、英語の「SONY」の表記の代わりに中国語・英語混じりの「SONY+索尼」の表記を用い、現地の消費者の間で認知度を高めることに成功した。また中国で初めて中国語の名称をつけたミラーレスデジタルカメラ「微単」を発売した。

 新総裁に就任する栗田氏は現在、ソニーマーケティングの代表取締役を務めている。これまでにシンガポール、メキシコ、米国、日本などのエリアで消費者用電子製品の業務を担当してきた。栗田氏は、「ソニーグループのグローバル業務におけるソニー中国法人の戦略的地位を一層高め、ソニーの中国での現地化された業務運営を一層強化していく」と話す。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古