2012年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:14 Mar 29 2012

日米欧 レアアースめぐり「依存」から脱却か

 日本、米国、欧州連合(EU)の政府関係者は28日に日本・東京で合同会議を開き、レアアース(希土類)の再利用と代替品の研究開発をめぐる協力の促進について共通認識に達した。

 日本の枝野幸男経済産業大臣は会議の中で、「日米欧の技術協力を通じて、特定の国の資源に頼らない供給チェーンを構築することが可能」と強調し、米国エネルギー省のスティーブン・チュー長官は、米国は現在レアアースの使用量が少ないレアアース磁石の研究開発に力を入れていると述べた。EUの関係者からは、製品の研究開発の段階で、レアアースの抽出と再利用がやりやすい設計を採用する必要があるとの提案が寄せられた。

 ブルームバーグ社の報道によると、日本の北神圭朗経済産業大臣政務官は会議の中で、各国はレアアース問題をめぐり中国との対話を継続する必要があるとの見方を示したという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年3月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古