2012年3月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Mar 30 2012

東北3県、中国人観光客にマルチビザ発給を予定

 日本メディアの報道によると、日本政府は東北3県を目的地とする中国人観光客を対象とする、マルチビザの発給を検討している。上海の一部旅行代理店から昨日得た情報によると、両国の旅行業者はすでに事前準備を開始しているという。全日空および福島県等の地方自治体は旅行代理店に対して、東北3県を目的地とする中国人観光客を対象に補助金等の優遇政策を実施し、観光客を引き付けることを約束している。東方早報が報じた。

 ◆観光客数が回復

 日本のマルチビザ発給は、2011年7月に沖縄で開始された。中国は当時、同優遇政策の初の対象国となった。同政策が実施されると、沖縄および本州への中国人観光客数が大幅に増加した。

 上海の各旅行代理店は、「3月末から4月上旬にかけて、東京・大阪・京都等の花見に参加するツアー客と個人客の人数は、震災前の水準に近づいている。沖縄を目的地とする観光客数は、昨年および2年前の同期を大幅に上回っている」と述べた。

 民主党の輿石東幹事長は、「沖縄県のマルチビザ政策に倣い、東北3県(岩手県、宮城県、福島県の3県。東日本大震災の主な被災地)を目的地とする中国人観光客を対象に、マルチビザを発給する予定だ。現在は同政策の有効期間、使用権限等の具体的な事項について検討中だ」と発表した。同政策が実施された場合、東北3県は沖縄に続き、マルチビザ政策の実施地域となる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古