2012年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Mar 31 2012

次世代ネットの「十二五」発展目標 普及率45%

 国家発展改革委員会、工業情報化部などの複数部門が29日に発表した次世代インターネットをめぐる第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間の発展目標、発展ルートマップ、発展タイムテーブルによると、同期間には▽インターネットの普及率を45%以上とする▽三網融合(電気通信、ラジオ・テレビ放送、インターネットの3つのネットワークの統合)を推進する▽IPv6ブロードバンドの利用世帯を2500万世帯以上とする▽IPv4とIPv6の主要業務の連携を実現する▽IPv6アドレスの件数が利用者の需要を満たすようにすること、などを目指すという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同期間には次世代インターネット理論の研究、ソフトウエア開発、設備製造、コンテンツサービスなどの分野でハイエンド方面への飛躍を実現させ、ネットワークに対する業務応用と端末設備による支援力を大幅に強化し、系統的な標準システムの形成を推進するという。また整ったネットワークと情報の安全保障システムを構築し、ネットワークと情報の安全の水準を大幅に向上させるという。

 このほか、ネットワークの単位情報伝送における総合的なエネルギー消費量を40%以上削減し、ネットワーク設備製造業の単位生産額あたりのエネルギー消費量を15%以上削減する。一連の国際的な影響力を備えた次世代インターネットの研究機関や基幹企業を形成し、新たに300万人分以上の雇用を創出し、消費、投資、輸出に対する牽引作業及び情報産業、ハイテクサービス産業、経済社会の発展に対する波及効果を一層高めることを目指すという。

 発展改革委などの部門によると、第13次五カ年計画(2016-20年、十三五)期間には、世界トップレベルのネットワークインフラ設備を基本的に構築し、次世代インターネットへの円滑な移行を実現し、ネット普及率を一層高め、デジタルデバイドを大幅に縮小することを目指すという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年3月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古