2012年4月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:50 Apr 01 2012

中国各地域の対外開放指数が初公表 上海がトップ

 ボアオ・アジア・フォーラムの2012年年次総会が間近となった31日、国家発展改革委員会国際協力センターは記者会見を開き、中国大陸部31省(自治区・直轄市)の対外開放指数ランキングを発表した。上位10位は上から順に、上海、北京、広東、天津、福建、江蘇、浙江、遼寧、海南、山東となった。新華網が報じた。

 対外開放指数は、経済・技術・社会という3つの1級指標を設定、各地域の対外開放レベルを全面的に評価した。上海、北京、広東は対外開放総指標および3つの1級指標でそれぞれ高ポイントを獲得し、上位につけたが、開放の構造面を見ると、これらの都市はそれぞれ異なる特徴を持っている。

 上海は経済の開放度で北京と広東を大きくリード。経済・金融・海運の中心である上海の輸出志向型経済でのメリットが体現された。

 技術の開放度が最も高かったのは北京で、科学技術・文化の中心である北京の、技術取得・科学技術成果の国際化などの面における優位が体現された。

 社会の開放度は上海と北京が同レベルで、広東がやや後れを取った。3位の広東が上海・北京に比べて最も劣っている面は技術の開放度だった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年4月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古