2012年4月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:54 Apr 05 2012

ソニーの4Dシアターが始動 北京

 北京市にある北京天文館と日本のソニーの中国法人が共同で打ち出した「ソニー4D科普劇場」が、まもなく使用をスタートする。同劇場はすでに一般公開されており、入場料は大人一人あたり30元だ。「新京報」が伝えた。

 北京天文館はA館とB館とからなり、同劇場はB館の2階にある。座席数は200席、4Dスクリーンは長さ33メートル、高さ6メートル。ソニーの4K投影装置が6台設置され、180度の半円形スクリーンに立体映像を映し出すという。

 4Kとはデジタルシネマ分野における画像解像度の指標で、現在国内で主流の2K投影装置の4倍にあたる高い解像度だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古