2012年4月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:55 Apr 10 2012

中国、日本の短期国債を大量購入 1年半ぶり記録

 日本の外務省が9日に発表した最新のデータによると、今年2月に中国は日本の短期国債を大量に購入し、1年半ぶりに単月の買い増し額の記録を更新した。中国経済網が伝えた。

 同データによると、中国は今年2月、日本の短期国債を6510億円(80億ドル)購入し、2010年5月以来1年半ぶりに単月の買い増し額の記録を更新した。また同月には中期・長期日本国債2688億円を売却している。

 日本2位の銀行であるみずほ銀行傘下のみずほインベスターズ証券のチーフストラテジスト井上明彦氏によると、中国が日本の短期国債を買い増ししたのは、日本国債が今、相対的に安いことが原因だ。2月に日本銀行(中央銀行)が通貨緩和政策を打ち出すと、円ははっきりと値下がりしたという。

 今年3月15日に円の対米ドルレートは1ドルあたり84.18円に下がり、11年4月13日以来で最も安値となった。今年2月には円の主要16通貨に対するレートはいずれも低下した。また今年に入ってから、日本の10年物国債の収益率は2ベーシスポイント(bp)低下した。

 中国人民銀行が発表した最新のデータによると、現在、中国の外貨準備総額は3兆1800億ドルで、昨年10月の最高額の3兆2700億ドルよりはやや減少した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古