2012年4月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:15 Apr 10 2012

2012年北京モーターショー 新車120台が登場 (2)

 今回は入場券に無線自動識別装置(RFID)のシステムを採用し、購入情報を記録したチップを紙制入場券に埋め込むとともに、副券を設け、さまざまな偽造防止技術による印刷方法を採用し、ニセ物防止に効果を上げている。また今回は初めてネットショッピング大手サイトの淘宝と協力し、個人が入場券を購入する場合は同サイトを唯一の公式ルートとしている。主催者側は同サイトに直営店舗を開設し、全国に向けてオンラインの入場券販売を行っている。

 今回のモーターショーは中国機械工業連合会、中国機械工業集団有限公司、中国国際貿易促進委員会、中国汽車工業協会が主催し、中国国際貿易促進委員会汽車工業分会、中国汽車工業国際合作総公司、中国国際展覧中心集団公司、中国汽車工程学会が共催する。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月10日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古