2012年4月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Apr 11 2012

大型貿易展示会が各地で開催、中国の輸出情勢は複雑

 対外貿易業界が繁忙期を迎えた。今週より、一連の大型海外貿易展示会の開催が、中国各地で相次いでいる。エコノミストらは、「米国およびEU等の経済大国が構造的な問題にあえぐ中、外需の不確定性が高まっている。中国の輸出は依然として、複雑な情勢に直面するだろう」と予想した。新華網が報じた。

 「対外貿易のバロメーター」と称される第111回中国輸出入商品交易会(広交会)が、4月15日に広州で開幕する。今回の同交易会も例年通り3期に分かれ、5月5日まで開催される。同交易会の報道センターの情報によると、同交易会は今回、多国籍チェーン企業およびバイヤーの規模拡大を目指す。

 統計データによると、外需の低迷に直面しながらも、2011年の同交易会における輸出成約件数、参加したバイヤー数はいずれも増加した。昨年秋に開催された第110回広交会では、参加したバイヤー数が過去最多の21万に達した。

 国内外のバイヤーが集結する環球資源調達交易会の春季展示会が、4月12日に香港で開幕する。同交易会も3期に分かれ、4月30日までの開催を予定している。同交易会では、電子機器とその部品、ギフト品、家庭用品、衣料品等に関する、10以上の展示会が催される。

 注目すべきは、これら対外貿易展示会の規模が拡大を続けている点だ。広交会の広報担当者の劉建軍氏は、「全体的な展示の枠組みおよび業務の安定を前提とし、第111回広交会は第3期に702のブースを新設し、参加企業が輸出圧力に対応するための場とする」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古