2012年4月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:10 Apr 12 2012

中国企業、日本の建築エネルギー管理システムを導入

 中国節能環保集団公司はアズビル株式会社と、合弁会社「中節能建築エネルギー管理公司」を設立し、アズビルの世界で最も先進的な建築エネルギー管理システム(BEMS)を導入する。BEMSはエネルギー管理と省エネに関する建築エネルギー管理システムで、建築エネルギーデータの収集と分析により、既存設備の使用の効率性を高めることで、エネルギーの浪費を防ぎ、建築全体のエネルギー消費を削減する。人民日報が伝えた。

 BEMSは、中国の建築省エネ産業の技術水準を高め、同産業の画期的な発展を促す。合意書の内容によると、中国節能環保集団公司が新合弁会社の親会社となる。新合弁会社は、建築エネルギー管理技術を導入かつ吸収し、中国の顧客に向けて全面的な建築エネルギー総合ソリューションを提供する。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年4月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古