2012年4月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Apr 13 2012

シャープが鴻海に「身売り」 日本企業の脱「ガラパゴス」

 シンガポールの「聯合早報」は10日の社説で、日本の家電王国を代表する企業で「世界の液晶の父」と呼ばれるシャープが、自尊心を捨てて鴻海と提携を結んだ。苦渋の選択であるものの、戦略転換の意図もそこにはある。つまり「ガラパゴス化」からの脱却であり、アジア回帰を素早く行い、成長するアジアの列車に乗り送れないようにするのだ。以下は要約。

 韓国の「朝鮮日報」東京特派員である車学峰氏は、日本を代表する家電メーカーのシャープに対し、台湾の鴻海が救いの手を差し伸べたと形容。シャープは自尊心を捨てて鴻海と提携を結んだ。苦渋の選択であるとともに、戦略転換の意図もそこにはある。つまり「ガラパゴス化」からの脱却であり、アジア回帰を素早く行い、成長するアジアの列車に乗り送れないようにするのだ。

 日本のIT産業は、国内においては依然堅調であるが、世界的には早くからその影は薄い。根本的な要因として、日本の野心が大きすぎたことによって成長戦略を誤ったことが挙げられる。日本企業は「名誉ある孤立」の状態になり、多くの製品が日本市場だけで売れ、国外では売れない状態が続いた。まるでガラパゴス島である。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古