2012年4月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Apr 13 2012

シャープが鴻海に「身売り」 日本企業の脱「ガラパゴス」 (3)

 「アジアの活力」を吸収する

 次に、日本企業の海外進出が避けられない趨勢にあることが挙げられる。日本企業には豊かな技術の蓄積があるかも知れないが、経営方針はすでに遅れたものとなっている。加えて世界市場はめまぐるしく変化しており、異なる国家の資本や人材、技術を結び付け、共に発展しなければならなくなっている。そうすることで、真に国際的な販売網を構築することができるし、真に国際的な製品を生み出すことができるのだ。アップルのiPhoneの成功が一例である。

 日本は鴻海グループを単なる台湾の一企業とはとらえていない。中国大陸と台湾が両岸経済協力枠組協議(ECFA)を結び、双方が「大中華経済圏」構想に向けて動き出して以降、鴻海グループは大陸に生産基地を増設するだけでなく、アップル社のiPhoneの部品生産も続けている。このような鴻海は、シャープから見れば8億ドルの投資をしてくれた大株主であるだけでなく、自社に新しい発展の道を開拓してくれる急先鋒に見えるはずだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年4月13日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古