2012年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:46 Apr 16 2012

人民元、今年は2-3%の上昇に収まる:中国専門家

 中国社会科学院世界経済政治研究所副研究員の張明博士(中国社会科学院国際金融研究室、国際金融研究センター副主任)は14日、ハーバード大学で開催された「第15回ハーバード中国フォーラム」において、「今年の人民元の上昇は2−3%と予想され、一昨年および昨年の約5%を下回るだろう」と発言した。中国新聞社が伝えた。

 張博士は、「将来的に、中国の貿易黒字が減少することが予想される。中国の年間貿易黒字は、2008年の時点で約3000億ドル、2009年は約2000億ドル、2010年は1800億ドル、昨年は1500億ドルとなった。今年は約1000億ドルまで減少するだろう」と語った。

 張博士は、「欧州債務危機、米国経済の疲弊による外需の低迷」と「人民元の実質実効為替レートが今後も上昇する」ことを理由としてあげた。

 中国は現在、経常項目と資本項目でダブル黒字を実現しているが、張博士は「両項目の黒字は、将来的に減少する」と予想。「人民元の実質実効為替レートが上昇し、中国の輸出に影響が出るだろう。また中国経済の高度発展により、輸入がさらに増加する。ゆえに中国の貿易黒字が減少し、経常項目の残高がさらに減少する」とした。

 張博士は、資本項目についても、「海外への直接投資が増加する等の要因により、中国の資本項目の黒字も減少する」と指摘した。「ダブル黒字の規模が共に縮小し、中国の外貨準備高の増加率も鈍化することから、元高圧力は緩和するだろう」。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古