2012年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:47 Apr 16 2012

外国籍人材が最も魅力感じる都市は北京

 国家外国専家局はこのほど外国籍の人材の目に最も魅力があると映る都市10カ所の2011年度ランキングを発表した。トップは北京、2位は上海で、天津などもランク入りした。生活環境をはじめとする18項目2級の指標のうち、北京は13項目でトップだった。「北京日報」が伝えた。

 今回のランキング選出にあたり、関連部門は外国籍人材のべ18万2600人を動員し、大陸部の地級レベル以上の都市353カ所について投票してもらった。選出活動の責任者によると、北京と上海は外国籍人材への吸引力で絶対的優位にあり、両市の得点は残り8都市の得点の合計とほぼ同じだった。100点満点として考えると、北京の得点は2位の上海を15.3点上回り、3位の都市を60点以上上回った。

 18項目2級の指標のうち、都市の吸引力として最も注目が集まったのは生活環境だった。上位10都市の候補となった20都市のうち、10都市は生活環境の満足度の項目で最も得点が低かった。また外国籍人材の多くが子どもの教育環境については低い満足度を示した。このほか外国籍の人材・専門家による評価委員会は、各候補都市の交通、都市の汚染、労働環境などについて、的確な評価や提案を打ち出した。

 ノーベル化学賞を受賞したアブラム・ハーシュコ氏によると、人材を引きつけるには個々の人材によい条件を提示するだけではだめで、学術的な環境、設備、協力者に関する政策、住みやすい環境などがより重要になる。同じくノーベル化学賞を受賞したトーマス・スタイツ氏も、イノベーションの人材がいてはじめて都市のイノベーションを促すことができると話す。

 中国の総合的な国力が上昇するのにともない、中国で事業を始めたり中国の発展に関心を抱いたりする外国籍の人材・専門家がますます増えている。ある統計によると、中国に定住する外国人の数は2010年に60万人に迫った。今後10年の間に、中国は世界の中で人材競争をめぐり優位を確立するとみられ、世界の一流の人材を導入して事業を始めるといった措置を通じて、世界の「人材強国」の仲間入りを果たす見込みだ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古