2012年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:00 Apr 16 2012

対外貿易が直面する三重の圧力 商務部 (2)

 ▽三つ目の圧力:国際的戦略の圧力の増大

 国際世論の中国を対象とした見方はこれまでの「脅威論」から「責任論」へと移り変わった。この転換は、中国の対外貿易環境が根本的に好転したことを意味せず、実際にはすべて先進国の戦略的な考えから出たものなのだ。こうした国々は中国の世界経済に対する影響力を強調して、自国の経済的能力を超えた責任を負うよう中国に求めている。たとえば債権国としての責任を負うことなどだ。

 注意しなければならないのは、米国が対中貿易調査において規則を乱用したり、手続を随意に変更したりする傾向がますます顕著になっていることだ。余副局長によると、相対的にいって、米国の対外貿易に関する法律法規は整っており、これまで中国製品の貿易調査は比較的厳格に手続の規則に基づいて行われてきたが、最近はこれが変わってきた。反ダンピング調査における代替国の選択を例に取ると、米国はこれまでインドを代替国としてきたが、最近はインドネシアやタイなどを選ぶようになった。インドネシアの一人当たり平均所得はインドを上回る。これはつまり「ダンピング幅」が人為的に拡大されているということであり、米国の貿易調査発動に向けてドアが大きく開かれたということだ。最近、米国が中国を対象に発動した反ダンピング調査では、税率はいずれも100%を超えていた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月16日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古