2012年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:36 Apr 19 2012

上海での外国人就業者が、7万人を超える

 求人会会場で、アメリカ式英語、イギリス式英語、そして、フィリピン、インド訛りの英語も耳に入ってきた。肌色の違う外国人材が上海に集まり、2012外国籍人材(上海)求人会と2012年長江デルタ地域(上海)外国専門家需給面会に参加した。上海外国専門家局副局長の黄渭茂氏によると、現在、上海には15万人の外国人がいて、そのうち外国人専門家は8.1万人で、全国の6分の1を占め、上海で就職している外国人は7万人以上で、全国3分の1を占めるという。

 上海、浙江、江蘇、安徽などの地域の120社以上が、2--3千個の求人を提供した。自動車製造、工業設計、アパレルデザイン、教育育成、建築学、庭園芸術、マーケティング、金融分析など業種をカバーしている。

 上海はだんだん「外国籍人材港」になっている。最近発表された「第6回国勢調査」によると、2010年に上海での外国人数は全国1位になった。在上海の外国人は若く、高学歴の特徴がある。外国人のうち0--14歳は21.6%、15~59歳は74%を占め、60歳以上が4.4%だった。6歳以上の外国人の平均教育年数は12.8年で、高等専門学校以上の高等教育を受けた人口の比重は71%だという。

 「東方ネット日本語版」より 2012年4月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古