2012年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:35 Apr 19 2012

有機農業関連データが発表、中国の用地面積はアジア1位

 国際有機農業運動連盟(IFOAM)は18日、関連イベントの開幕式で「2012世界有機農業年鑑」を発表し、国内外の専門家らと中国有機産業について議論した。中国新聞社が報じた。

 同年鑑は160カ国の有機農業データを収集し、分析を行った。データによると、有機方式により管理されている世界の農業用地は3700万ヘクタール以上に達し、有機農業を手がける農家は160万戸以上に達する。世界の2010年の有機食品・飲料の売上高は、590億ドル(約4兆9000億円)に達した。有機農業用地の面積が最大の国家はオーストラリア(1200万ヘクタール)で、アルゼンチンが2位に、米国が3位につけた。

 2010年現在、アジアの有機農業面積は約280万ヘクタールとなり、前年比60万ヘクタール減で、世界全体の7%を占めるにとどまった。面積に関しては、中国が140万ヘクタールでアジア第1位となり、インドが続いた。

 世界の有機製品の売上高の96%が北米・欧州に集中している。アジアの有機製品に対する需要も、主に日本や韓国などの先進国に集中している。IFOAMアジア首席代表の周沢江氏は開幕式で、「中国は有機農業用地でアジア第1位につけているが、実際の売上高が世界全体に占める比率は依然として低い」と指摘した。

 同年鑑のデータによると、中国の2009年末時点の有機製品輸出額は4億6400万ドル(約385億円)に達し、農業輸出総額の1.2%を占めた。中国国内の売上高は106億元(約1380億円)に達し、中国の食品総消費の約0.2%を占めた。中国国内の有機製品市場の発展には問題点があり、困難に直面している。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年4月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古