2012年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 Apr 19 2012

中国商務部、日本産電解紙の反ダンピング課税継続を検討

 中国商務部が18日に発表した2012年第15号公告によると、中国は日本産電解紙に対する反ダンピング課税について、期末再審調査を実施することを決定した。新華網が伝えた。

 中国商務部は2007年4月17日に公告を発表し、日本産電解紙に対する反ダンピング課税を決定し、2007年4月18日から5年間を実施期間とした。2012年2月10日、中国電解紙産業は期末再審調査の申請を行い、同課税の継続を主張した。中国商務部は審査後、同申請が条件に合致するとして、調査を決定した。

 今回の再審調査は、「日本産電解紙に対する反ダンピング課税を終了することで、ダンピングとそれに伴う損害が継続・再発するか」を調査する。本調査は2012年4月18日より開始され、通常ならば2013年4月18日までに終了するとみられる。

 「中華人民共和国反ダンピング条例」の規定によると、反ダンピング課税を終了することで、ダンピングとそれに伴う損害が継続・再発する可能性があると再審調査により明らかになった場合、反ダンピング課税実施機関を延長することができる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年4月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古