2012年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Apr 20 2012

ロンドン、人民元取引の中心地目指す

 英HSBCは18日、人民元建ての債券をロンドンで発行すると発表した。主に英国およびヨーロッパ大陸の投資家向けで、発行額は約10億元と見られる。人民元建て債券が大中華区以外で発行されるのは初となる。

 シティ・オブ・ロンドンはこのほど、ロンドンを人民元取引の中心地とする計画を正式に打ち出した。また、人民元オフショア取引の中心地に発展させる計画も正式に始動した。経済参考報が報じた。

 中国人民銀行は「ロンドンは世界で最も重要な金融センターの1つ。ロンドンが人民元取引の中心地となれば、越境貿易・投資における人民元使用に有利であり、中英間の経済貿易交流にも有益だ」との見方を示す

 HSBCの欧智華(Stuart Gulliver)CEOは「このたびの債券発行を誇りに思う。これはロンドンが国際的な人民元取引の中心地に向けて1歩を踏み出したことを現し、同市場の持つ巨大な潜在力を示した」と語る。

 中信銀行・国際金融市場専門家の劉維明氏は、「新中国成立以来、欧州で人民元建て債券が発行されたのは初であり、歴史的な意義を持つ。これは人民元の国際化に向けた重要な1歩を意味する」としたほか、「ロンドンは確定利付商品の取引額、外国為替商品の取引額でいずれも世界一を誇る。ロンドンが人民元取引の中心地となることは、世界最大の金融市場が人民元の地位を認めたことを意味する。人民元建て債券が人気を集めると信じている」と指摘した。

 シティ・オブ・ロンドンは18日に発表した報告「London:a centre for RMB business」の中で次のように指摘している。

 調査によると、ロンドンの銀行が保有する人民元建て預金は1090億元以上に上る。この数字は顧客預金350億元、銀行間預金740億元という2つの部分から構成される。このデータは、人民元流動資金プールが形成されつつあることを表している。これはロンドンが人民元取引中心地を形成する過程で重要な作用を発揮するだろう。(2011年12月の香港でのオフショア人民元(CNH)預金額は5890億元)。

 このほか、ロンドンは国際為替取引の中心地でもある。これに呼応して、一連の人民元外国為替商品がロンドン市場で活発化すると見られる。ロンドンにおける人民元現物外国為替取引額は日額6億8千万ドルに達し、世界の人民元オフショア現物市場の26%を占める。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年4月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古