2012年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:55 Apr 20 2012

弱まる人民元投機ニーズ 変動幅拡大が奏功

 オランダのING銀行のシニアエコノミストのティム・コンドン氏は、19日に上海で取材に応える中で、「人民元レートの変動幅拡大は、貿易決済における支払いフローの再バランスの調整にプラスであり、ひいては人民元の投機的ニーズが実際のニーズに転換することを促進し、人民元の国際化に向けてしっかりとした基礎をうち立てることになる」と述べた。「国際金融報」が伝えた。

 コンドン氏は過去数年間の人民元の国際化プロセスをふりかえって、次のように述べた。通貨投機は人民元の国境を越えた貿易決済を最初の段階で急速に発展させた。具体的な動きとしては、人民元上昇への期待が高まり、オフショア市場でプレミアムが増大した際、人民元建て貿易決済を利用する輸入業者の割合が大幅に増加したことが挙げられる。

 だが人民元上昇への期待は投機ニーズの増大をもたらし、人民元国際化の良好な発展の土台とはならなかった。この後、オンショア市場とオフショア市場の価格差が縮まり、香港の人民元建て預金が徐々に減少したことは、積極的なシグナルだといえる。

 コンドン氏は「人民元の国際化は実際のニーズに基づいて推進しなければならない。市場が人民元を保有したがる理由は、人民元に価値があり、投資にふさわしいと考えるからであり、今後の値上がりへの期待だけではない」と話す。

 コンドン氏の見方によると、これからの人民元国際化の重点は、中国政府が資本収支の項目への管理制限を選択的に段階的に緩和することにある。たとえば適格海外機関投資家(QFII)の投資限度額を一層引き上げ、より多くの海外の機関・投資家を中国国内の債券市場に参加させ、国内の個人の両替取引限度額を引き上げる、などだ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古