2012年4月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:49 Apr 23 2012

北京モーターショー、世界初公開の注目車種が登場

 モーターショーの重要度を測る上で、初公開車の数量が一つの重要指標となる。2012年の北京国際モーターショーには1125車種が集結し、うち世界初公開車が120車種(グローバル企業による世界初公開車は36車種、アジア初公開車は35車種)に達した。これらの企業の初公開車の多くは「中国専用」を強調しており、中国市場に対する重視が伺える。北京晨報が伝えた。

 ◆メルセデス・ベンツCLC

 メルセデス・ベンツの新型CLCが本日、北京モーターショーで世界初公開された。同車種は2013年に中国で生産を開始し、北京奔馳(北京汽車との合弁企業)の新たな3ボックスカーとなる。

 CLCはこれまでBLSと称されていたが、単なる呼称の違いに過ぎない。中国で生産される4ドアの同セダンはMFAプラットフォーム(新型Aクラスのプラットフォーム)を利用し開発された。海外メディアが極秘撮影した写真によると、同車種はスポーティーな4ドアセダンであり、デザインがCLSに似ており、「4ドアクーペ」と呼ぶことができる。

 CLCはAクラス、Cクラスと同じ動力システムを搭載し、排気量1.6L、2.0Lのエンジンが含まれる。トランスミッションは6速MTと7速ATを選択できる。将来的にはハイブリッドエンジンの搭載を予定している。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古