2012年4月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:08 Apr 26 2012

中国観光地の入場料、海外と比べ割高

張家界

 「家族3人で旅行すると、1ヶ所の観光地のチケットだけで100−200元(約1300−2600円)かかってしまいます。これに食費や交通費の支出を加えると、自由に旅行できなくなります」--。清明節休暇中、「中国国内の一部観光地が入場料を切り上げた」とする情報が伝わった。メーデー休暇を控えた現在、「今後数カ月間で、中国全土の20ヶ所以上の有名観光地が、入場料を20−60%値上げする」とする情報が伝わっている。揚子晩報が伝えた。

 多くの観光地がそろって入場料の値上げに踏み切っているが、それはある時期の到来を示している。中国国家発展改革委員会は、観光地の入場料を3年に1度のみ調整するよう規定したが、今年はその3年に1度の年に当たるのだ。

 ◆入場料トップ10の中国観光地

 海外と比較して、中国の入場料は割高だ。四川省九寨溝の観光シーズンの入場料は220元(約2860円)、チベットのポタラ宮の観光シーズンの入場料は200元(約2600円)に達する。海外の観光地を見ると、日本の富士山と韓国の漢拏山は無料、ロシアのクレムリンは150ルーブル(約415円)、フランスのルーブル美術館は8.5ユーロ(約910円)のみである。

 本紙は中国有名観光地の入場料を下記の通りまとめたが、その多くは1人当たり200元以上となった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古