2012年4月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:49 Apr 27 2012

盛り上がるクルーズ旅行 豪華客船2隻が中国へ

 北京の大手旅行社が26日明らかにしたところによると、今年は客船市場がかつてない盛り上がりをみせており、旅行社は例年より1カ月前倒しで夏休み時期のクルーズ商品を売り出したという。旅行サイト携程旅行網の観光業務部の何勇副総経理(副社長)はこうした動きの原因を分析し、今年は国際客船会社が中国市場へ投入する輸送力が前年より40%から100%増加していること、コスタ・クルーズが運航する「コスタ・ビクトリア」とロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航する「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」という二大豪華客船が初めて中国市場に投入されることから、市場に大きな反響が生まれたのだと話す。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 また何副総経理によると、ボイジャー号は6月19日に初めて中国航路を運航する予定で、現時点では運航初日の予約は完売だという。ビクトリア号は5月18日に初運航の予定で、同じく運航初日の予約は完売だという。

 このほど発表された「中国レジャー旅行研究報告」によると、客船でのクルーズ旅行がレジャー旅行の新たな業態となっている。国際豪華客船が停泊する大陸部の都市は16カ所に上るほか、客船が停泊する港や波止場をすでに使用中、あるいは建設中の都市は約10カ所に上るという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年4月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古