2012年4月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:38 Apr 27 2012

広汽ホンダ 年内にも第3生産ラインが着工

 広汽ホンダはこのほど開幕した北京モーターショーで、「第二の飛躍に向けて準備中」であり、3つ目の生産ラインの工事が年内にもスタートすることを明らかにした。来年は製品ラインと競争力が急速に向上する時期になるという。「南方日報」が伝えた。

 広汽ホンダによると、第3生産ラインは広東省広州市の増城市に建設され、2014年に稼働を開始し、当初の年間生産能力は12万台となる見込みで、将来的には24万台を目指すという。また広汽ホンダのエンジン工場を同ラインと同時進行で建設し、同時期の稼働を目指すという。同ラインと同工場はいずれも広汽ホンダの増城工場内に建設され、生産台数が24万台に達した時点で投資額は約35億6千万元に達する見込みだ。

 広汽ホンダの生産モデルは「少ない投資で、迅速に生産し、どんどん発展していく」というもので、業界で評価を受けている。同社の神子柴寿昭総経理(社長)によると、2013年から15年にかけて、ミドルクラスカーの新車の導入を起点として、新車種を集中的に投入し、製品ラインの迅速な拡充と製品の競争力の急速な向上を目指す。15年の生産・販売計画は11年の倍にあたるものだ。13年以降は、新車種を集中的に投入し、第二の飛躍を目指す。現在の生産能力48万台では需要を満たすことは難しいため、同社は生産能力の拡大するべく、第3ラインの建設を決定したという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古