2012年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Jul 12 2012

中国の出稼ぎ労働者総数が2億5千万人以上に

 国家統計局が27日に発表した報告によると、サンプル調査の結果2011年の全国の「農民工」(出稼ぎ労働者)総数は2億5278万人に達し、前年比で4.4%増加したことが明らかになった。そのうち地元を離れて出稼ぎに出ている人は1億5863万人で、3.4%増加している。「新華網」が伝えた。

 「2011年中国の農民工調査モニタリング報告」によると、出稼ぎ労働者の主な目的地は依然として東部地区が中心だが、中西部地区の実力も高まっている。同報告によると、出稼ぎ労働者の収入は急激に増加している。

 2011年の全国の出稼ぎ労働者の月収平均は2049元で、前年比で21.2%増加している。中部、西部の労働者収入の伸び幅が東部を上回るのにともない、東部と中西部の出稼ぎ労働者の収入格差は縮小している。賃金未払いや超過勤務の状況は改善され、社会保険への参加水準も向上しているが、全体的には依然として低いレベルに留まっている。

 国家統計局の指標によると、いわゆる出稼ぎ労働者とは、調査年度内に本籍地以外の地域で6カ月以上就業している農村労働力を差す。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年4月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古