2012年5月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:28 May 02 2012

中国の茶葉は安全、残留農薬に厳格な基準を設定 (3)

 茶葉から使用禁止の残留農薬が検出された理由は何か。陳氏は、「報告で明らかにされた残留量によると、直接的な散布によるものではない。現在は使用禁止となった農薬でも、かつては使用が許されていた。それが土壌等に残留しており、茶葉に混入した可能性がある」と指摘した。

 しかしながら、お茶の専門家は消費者に対して、「残留農薬の他に、摘み取り、加工、輸送、保存の過程での汚染が免れないため、一番煎じは飲まない方が良い。高級茶は二番煎じにより、茶の持つ香りを引き出すことができる」と提案した。(編集YF)

 図:「中国基準」のデータは、中国の4種の国家基準と3種の業界基準によるもの。「日本基準」は、日本の関連部門が公表したデータによるもの。検出された残留量は、同環境保護組織による農薬調査報告によるもの。18種のサンプルのうち、少ないものからは3種の残留農薬、多いものからは17種が検出され、全29種に達した。

 「人民網日本語版」2012年5月2日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古