2012年5月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 May 02 2012

中国市場に期待を寄せる世界の航空会社

 最近、南アフリカ航空、スイス航空、シンガポール航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空をはじめとする世界の航空会社が、相次いで中国市場に焦点を合わせ、中国人観光客の海外旅行をより便利にするため、直行便の路線やチャーター便の路線をいくつも開通させている。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽世界の航空旅客の4分の1は中国から

 南アフリカ航空は今年初め、北京とヨハネスブルクを結ぶ直行路線を開通させ、大陸部・南アフリカ間の直行便がついに実現した。同便は週3便、飛行時間は約15時間で、これまで乗り継ぎにかかっていた時間が大幅に短縮される。

 スイスインターナショナルエアラインズはこのほど、北京・チューリヒ間の直行便を開通した。現在は週5便で、今月31日からは週7便になる。同社は上海と香港への便をすでに運航しており、北京はサービスを展開する3番目の都市となった。

 シンガポール航空は1985年に中国市場に進出して以来、中国を重要市場の一つと位置づけてきた。今年3月25日からは、同社と子会社の地域航空会社・勝安航空(シルクエアー)とで毎週100便以上を運航し、大陸部とシンガポールの間を結んでいる。北京発便は週28便、上海発便は週35便、広州からシンガポールへの直行便は週12便に上る。過密な便数と路線網によって、中国の旅客に便利で迅速な選択肢を提供し、シンガポールを中継地として、同日内にオーストラリア、ニュージーランド、西アジア、アフリカ、欧州などの目的地に出発することが可能になっている。

 全日本空輸(ANA)はこれまでに中日路線21本を開通し、中国の11都市から日本の主要空港へ毎日26便の直行便を運航している。ANAはスターアライアンスに加盟する中国国際航空との間で他社に先駆けてコードシェアを実現し、カバー範囲が最も広い中日間の航空路線ネットワークシステムを構築した。中国を出発する観光客は、その日のうちに日本のほとんどの都市に到着することが可能だ。

 メガモルディブ航空は北京、上海、重慶とマレを結ぶ直行便を開通しており、今年は新型航空機を導入して5本の新路線を開通する予定だ。今月20日以降は北京からの直行チャーター便を倍に増やし、これまでの5日に1便を5日に2便に調整するとしている。

 世界の航空会社は中国での発展をますます重視するようになっており、これは中国の巨大な市場空間と切っても切り離せないことだ。ある海外航空会社の予測によると、今後3年以内に、世界の航空産業の旅客は約8億人になり、うち4分の1以上にあたる2億1400万人が中国からの旅客になるという。中国は世界の航空輸送量の増加に最も大きく貢献することが予想されるという。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古