2012年5月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 May 03 2012

中米関係の発展、実質的な議論が重要

 第4回中米戦略・経済対話が、5月3−4日に北京で開催される。同対話は、今年の中米間の重要な交流となる。

 同対話に注目と期待が集まっている主な理由は下記の通り。

 1.前3回の対話が成功を収め、中米関係に活力を注いだ。

 2.中米関係は現在、全体的に見て安定的な発展を維持しているが、顕在化した問題も存在する。戦略的な意見交換にせよ、実質的な提携にせよ、解決が待たれる問題が多くある。

 中米関係の発展は平坦な道のりではなく、安定の中に変動が、前進の中に意見の不一致があり、この状況が中米関係の常態であると言えるほどだ。これらを背景としながらも、中米両国間の実質的な対話が成果を収めることができるのはなぜか。

 40年間の発展を経て、今日の中米関係は成熟に向かっている。双方の利益の融合、提携の明るい見通し、複合的対話枠組みは、さまざまな障碍を制御下に置いている。提携の主な流れが、両国関係の発展の方向性を示している。

 中米関係の発展は、相互信頼・問題解決の過程である。提携すれば互恵関係を築くことができるが、争えば双方の利益が損なわれる。相互信頼により前進し、邪推すれば後退する。この道理は、中米両国で認められている。しかしながら、両国関係の複雑性・深刻性・戦略性が常にもつれ合っている。過去の慣例による障碍、利益の対立が、双方の戦略的互恵関係を妨げている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古