2012年5月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 May 04 2012

消費者の約8割、クラウドテレビの概念「あいまい」

 各メーカーが「クラウドテレビ」を大々的に宣伝しているが、ほとんどの消費者は「全く意味が分からない」というのが現状だ。中国電子商会がこのほど発表したデータによると、消費者の77%はスマートテレビとクラウドテレビの概念について「とてもあいまい」と答えている。しかし、メーカーが新たな概念を大々的に宣伝し、古い製品を棚から取り下げるに伴い、消費者は受動的に製品を「アップグレード」するしかない事態が生じている。北京晨報が報じた。

 2011年、中国のテレビ市場は「クラウド時代」に突入し、ハイアール、スカイワース、ハイセンス、TCL、康佳などの国産メーカーが相次いで「クラウドテレビ」を打ち出した。

 家電売り場では多くのメーカーが「クラウドテレビ」を主力製品として置いているが、これらの新製品の価格は同サイズの他のテレビより3割ほど高い。例えば47インチの3Dテレビの価格は6千元(約7万6千円)以下だが、同サイズの「クラウドテレビ」だと9千元(約11万4千円)は下らない。

 販売員によると、クラウド機能を搭載したテレビはコンテンツを無制限にダウンロードできるほか、クラウドアプリ、クラウドメモリなどの機能も使えるという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古