2012年5月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:30 May 04 2012

無印良品の薄焼きピザにアレルゲン表示なし 香港

 次々に発覚する食品の安全問題が「グルメ」たちを戦々恐々とさせている。香港メディアが3日に伝えたところによると、日本の無印良品が販売する薄焼きピザからアレルギー物質が検出された。深刻なケースではショック状態に至ることもあるいい、無印も食品の安全問題を抱えた企業の列に加わることになった。「国際金融報」が伝えた。

 ある人はネットに「香港にも深刻な食品の安全問題があった。食品の安全は守られるのか」と書き込んだ。すると別の人からすぐに、この報道は「看板倒れ」であり、「(無印の)食品自体に品質の問題があるわけではないが、パッケージが香港の規定に合致していない」との声も上がった。

 報道によると、無印良品が香港で販売する「米粉入り薄焼きピザ」の原材料から、アレルギー物質の乳タンパク質が検出された。アレルギーのある人が食べると、ひどい場合はショック状態を起こすが、パッケージのラベルには同成分が表示されていなかった。香港食物安全センターは無印良品に警告の書簡を送り、業界に同商品の販売を停止するよう通知。またアレルギーのある人に対し、すぐに同商品を食べるのをやめるよう呼びかけた。

 ある食品の安全の専門家は取材に応える中で次のように述べた。一部の食品にはアレルギー反応を引き起こすアレルゲンが含まれており、これは食品の安全を守る上で見過ごせない問題となっている。乳タンパク質はアレルギーを起こす物質で、この物質にアレルギーのある人が摂取すると、免疫系統が反応してアレルギー症状を起こす。よくみられる症状には、嘔吐、下痢、発疹などがあり、深刻な場合はアナフィラキシーショックを引き起こす。世界保健機関(WHO)がこのほど発表した報告によると、児童のアレルギー反応の75%は卵類、落花生、乳類、魚類、木の実類によって引き起こされ、成人の食物アレルギー反応は主に果物、野菜、木の実類、落花生によって引き起こされるという。

 報道によると、香港で制定された「食品薬品成分及び表示規制」の規定によると、香港で販売されるパッケージ済み食品は、原材料ラベルに原材料を詳しく表示しなければならないことになっている。この規定に違反すると罪に問われ、罰金5万元と6カ月の禁固刑を科されることになる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古