2012年5月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:25 May 04 2012

中国人観光客、日本での消費総額が1位に

 日本観光庁がこのほど発表した調査結果によると、2011年の訪日外国人観光客のうち、中国大陸部からの観光客による消費総額が、1964億円(外国人観光客全体の約4分の1)で1位となった。2位以下は、韓国、台湾、米国、香港の順となった。外国人観光客数では韓国が166万人で1位、中国大陸部が104万人で2位となった。中国人観光客の間では、カメラ、時計、家電等の高級商品の人気が高い。人民網が伝えた。

 外国人観光客全体の消費総額は、8135億円に達した。東日本大震災の影響を受け、同データは前年同期の1兆1490億円から約30%減となった。1人当たり平均の消費額を見ると、ロシアが21万3000円で1位となり、オーストラリアが19万8000円、中国が18万8000円で続いた。しかしロシアからの観光客数は3万人、オーストラリアからは16万人のみで、消費総額のランキングでは上位を占めなかった。

 韓国、台湾、香港の観光客のうち、7−8割が日本旅行のリピーターである。一方、中国大陸部の観光客のうち、初めて日本を訪れる人の比率は50%以上に達し、その目的地が東京、大阪、京都等に集中している。観光庁は、「リピーターが増加すれば、北海道、東北、九州等も中国人観光客を集めることができる」と分析し、「各地のツアーの宣伝を強化する」と表明した。外務省は、被災3県(岩手、宮城、福島)を目的地とする中国人観光客を対象に、数次ビザを発給する予定だ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月4日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古